2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も宜しくお願いします

今更ですが・・・
おめでとうございます
今年も宜しくお願いします
って、1月も半分過ぎましたよね
早いなぁ、毎日が

この週末は今季初の積雪で
窓から見る景色は本当に寒そう

家の中でもストーブ前が人気で
ホカペの上はサイコーだそうです

こんな我が家ですが今年も見捨てず
宜しくお願いします

20170104.jpg


20170115.jpg




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2017/01/16 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

とわ

ファンディング達成にホッとして気が抜けておりました。
申し訳ありません。
また日々の細々をご報告していきたいと思います。

先月の27日に我が家に1匹の犬がやってきました。
名前を”とわ”とつけました。

とわ

一が旅立ってから、なかなか決心がつかなかったんですが
保健所の迷子の保護情報を見るに付け気になっていました。
ようやく気持ちに区切りもつき色々目処も立ったのでもう一度犬を迎えることにしました。

とわもやはり迷子で収容されお迎えがない子でした。
かなりの高齢で足元もおぼつかなくて歯もガタガタ、目は白内障で耳も聞こえていないようでした。
家に来て1日目の夜は疲れたのかご飯を食べて少し散歩をした後ぐっすり寝てしまいました。
翌日はあいにくの雨でずっと家の中で寝ていました。
夜になって急に遠吠えのように啼くようになり落ち着きがなくなりました。
もしかして痴呆が始ったのかとも思いましたが、なんとか落ち着いて午前2時ごろに寝てくれました。
3日目の朝私が起きていくと、とわは静かに一人で旅立っていました。
あまりに急で、暫くの間何が起きたのか理解できませんでした。

私は家の子の闘病だったり死をあまり書かくことはありません。
ただ時間がたつにつれ、とわだけは誰かに覚えていてもらわなければと思うようになりました。
とわが確かに生きていたことを知ってほしいと思うようになりました。

とわは迷子で収容され、高齢である為譲渡の対象から外れた子でした。
我が家に来たときも、水下痢と血尿がひどくオムツが外せませんでした。
心臓に雑音、腎臓もちょっと悪い。
でも奇跡的にフィラリアは陰性、検便も寄生虫無し(ノミ、ダニは大変でしたが)。
年齢のせいなのか、放浪生活のためなのかかなり痩せていました。
やっと暖かいところに寝て、ゆっくり老後を過ごせると思っていたのに。
死因は心臓か脳か。本当のところは判りません。
しかし、後日届いた尿検査の結果がとわの苦境を物語っていました。
病院の先生がこのような結果を見たのは今までで2度目です、と仰いました。
血尿に混ざっていた砂状のザラザラはまさに砂でした。
とわは、砂かよほどの劣悪なフードを食べていたようだと言われました。
しかしこのような状態になるような劣悪なフードがこの日本に販売されているのかとお聞きしたら多分それはないであろうと。
つまりとわは砂を食べて生きていたのです。
きっと保健所で食べさせてもらったご飯がどれだけ久しぶりかの美味しいご飯だったと思います。
迷子なのか、飼育放棄なのかわかりません。
でも保護されて良かったと心から思いました。
ただ、できればもう暫く普通の生活をさせてあげたかったです。


今回、石川県では1頭でも多くの犬に譲渡のチャンスを与えるため、
県の譲渡条件を満たさない犬も一定期間里親募集をかけることになりました。
『処分するんですか?里親希望いなかったらどうなるんですか?
などの里親希望ではない方が問い合わせをする事で業務に支障をきたし、
1度のチャンスを与える事もできなくなってしまいます。
ご協力お願いいたします!
絶対に里親希望の方以外は電話しないでください!!』




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


[ 2016/11/25 ] 保護ボランティア | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #20『バイオリニスト:岸倫子さん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

有難うございます!
皆様の応援のおかげで第一目標を達成することができました!


引き続きセカンドステージに挑戦中しています!
応援、宜しくお願いします!



ハナ咲カプロジェクトを応援してくださっている皆様へ

皆様本当に本当にありがとございます。
おかげさまで第一目標金額500万円を達成いたしました。
無謀な挑戦とも言える金額で、応援してくださっている皆様には
ハラハラドキドキさせてしまったものと思います。
これで本格的にリフォームを始められる目途がつきました。

しかし、リフォーム費用は700万円の見積もりがでています。
東日本大震災による建物の傷みや若干の傾きもあります。

保護っ子たちを安全に管理できるよう、
また、猫サロンと病院をご利用いただく皆様にとっても安全な建物となるよう、
耐震強化しながらリフォームを実施することになります。
とにかく災害に強い建物にし、長年核となる施設にしていかなくてはなりません。

また、シェルターの129頭にかかる医療費や人件費は
毎月約100万円が必要で、厳しい運営状態となっております。
リフォーム費用のカバーとこれからの運営費用として800万円を最終目標とさせて頂きます。
残り少ない日数となりますが、引き続きどうか応援をよろしくお願いいたします。

今月はこれから100匹の猫の不妊去勢手術をします。
毎月第四木曜日の手術日だけでこなせる数ではないので、3日間手術日を設けました。
今日からスタッフと手分けして各猫現場の捕獲に入ります。
不幸な命を増やさないために頑張ります!

皆様ほんとうにありがとうございます。

LYSTA 代表鈴木理絵 2016.10.21追記




第20回目の『メッセージリレー』は、バイオリニストの岸倫仔さんです。
岸さんはバイオリニストとして、収益の全てを寄付するチャリティーコンサートを企画されたりしています。


201.jpg


岸:恥ずかしながら、私は20代の頃はペットに関しての知識がなく
「 雌猫は一回妊娠&出産させてから避妊手術させるのがベスト」とか
「犬は残飯でいい、猫は残りご飯に鰹節かけたねこまんまか、一番安いドライフードでいい」という
情報を鵜呑みにしていました。

最初に引き取った野良猫のミルの事は、今思えば、ひどい飼い方をしていた時期もあったと思います。
飼い方の無知に依るものです。
それなのに19歳近くまで生きてくれました。
最後の数年間の排泄のそそうなど「修行」と思わないと乗り越えられないことはミルが私に教え、
与えてくれた試練だと思います。

ミルが逝ったあとの予想外のペットロスから、ネットでペット関連のサイトを検索していて初めて、
日本の恐ろしい殺処分という現実を知ったのでした。

もう二度と猫を飼わない、と言っていたのに、ミルの面影を探して彷徨い、出会ったのがトラニャルでした。

千葉の線路のすぐ近くで、さらに車の往来の激しい道路沿いという環境で
餌やりさんのおかげで命をつないでいた野良猫から生まれたトラニャルは、
保護主の彩音さんと、その里親探しを手伝っていたTOKUさんとの出会いをもたらしてくれたのでした。
(TOKUさんとはLYSTAさんが懇意にさせてもらっているかつらお動物見守り隊のメンバーです)


202.jpg


このお二人は私の一生の、人生の先輩であり、友人となったのです。

地域の野良猫の保護活動をしている彩音さんとTOKUさんの活動にいつも励まされていますが、
TOKUさんの福島の動物を救う活動に参加し始めたことに心を動かされ、Nyan-PEACEを立ち上げました。

震災以来、何か自分にできることはないかと考えていた人はたくさんいたはず。

しがない、一(いち)音楽家として何ができるか・・
思いついたのが、収益の全てを寄付するチャリティーコンサートを企画することでした。

こだわりは、自分が培ってきた人脈を正しく生かすこと・・。
アマチュアの上手な人、素敵な演奏をする人、というのでなく
「プロがプロとしてのコンサートを行ってその利益を寄付すること」でした。

その頃にTOKUさんを通じて、知ったのが「LYSTA」でした。
「無欲」という言葉がぴったりな代表、そして、そこからの活動は、
やがて日本全体に共通している問題として認識され、
いつか皆に理解されるべき活動なのでは?と感じました。

小学校で、犬猫の殺処分の実態を教えるべき、と私は考えています。
そういう教育に関しては言いたいことはさらにあるけれど、発言の場所もないから、とにかく、
いつも、『その時にできる支援につながることをする、それを続ける』を、モットーにしています。

にゃんぴーすのコンサートは出演者の数も少ないときで11名というなかなかの大所帯で、
頻繁にコンサートを企画&実施していくのは難しいので、
自分自身のライブ活動をチャリティーにして収益の一部を寄付する事にしました。

経費を引くと、毎回本当にわずかな収益しか残らないので、
今回からは「チャリティーライブ」というタイトルにするのはやめましたが、
寄付内容は変わりなく続けていくつもりです。


203.jpg


福島県の団体から一匹仔猫はひきとったものの、さらに引き取る仔を増やすとか、
一時預かりをするといったことは難しいし、丸1日楽器の練習ができないというのが職業柄厳しい、
ということなど考えると、これからの私にできることはこういった後方支援だと思います。

「寄付集め係」だけでなく、できるだけ、ライブなどの場で広報活動もしていかなくてはと感じています。

実際の普段のそれぞれの仔たちの様子を見たり、触れ合う機会を経てから家族に迎えられたら、
どんなにいいか…それを考えるとふれあいサロンの「ohana」は画期的な企画だと思います。

福島県外からも訪れやすい場所だし、TNRを進めていく活動もできるわけで、
素晴らしい場所が誕生することになりますね。 応援していきたいと思います。


204.jpg




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

[ 2016/10/21 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #19『遊湯亭:小山いずみさん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


191.jpg


第19回目の『メッセージリレー』は、Ohanaがオープンする湯本駅近くにて旅館を営む、
遊湯亭おかみの小山いずみさんです。湯本に住む方々にとってのOhanaの価値をお伺いします。

Q. 湯本という町について教えて下さい。

小山:湯本は旅館ばかりの温泉地という訳ではなく住んでる方も多いので、
住宅や商店が混在し、他の温泉地にはないどこか昭和を感じさせるような雰囲気がとても素敵な町です。

町の人は大らかで寛容、なんでもやる!って感じの人が多いような気がします。

震災後は町の活性化の為、フラダンスの街として『フラの街宣言』をしてからは、
周りの旅館や町の人で協力し合い、月に1回着物でフラを踊る『フラの街オンステージ』というイベントを開催しています。


192.jpg


Q. 湯本のペット事情について教えて下さい。

小山:近隣の女将は犬猫好きな人がとても多く、保健所や保護施設から犬猫を引き取って飼っている人もいます。

私自身も犬1匹猫1匹と生活していて、猫は道路で交通事故にあっていたところを通りがかり、
保護をして病院に連れて行き看てもらった所、先生からは手術をしても麻痺が残り歩けない可能性がある。
野良猫だしお金もとてもかかるので手術しなくても…と言われましたが
一度保護した子を見捨てる事ができず手術をする事にしました。

退院後はやはり麻痺が残ってしまい、自力で排泄もできなかったので排泄の世話などの介護で24時間付きっきり。
介護や夜泣きで眠れない日々が続きました。

しかし半年後、麻痺も治り排泄も出来るようになりすっかり普通の状態になりました。
今現在は元気に生活してます。


193.jpg


Q.最後に応援メッセージをお願いします。

小山:LYSTAさんの活動やこのサロンのお話を聞いた時とても素敵だなと思いました。

このような保護猫サロンが湯本に出来ることによって、
地元の子供や住民が動物を飼う事の責任や大変さを学んでくれたり、
年配の方達の動物に対しての意識が変わってくれるきっかけになるような場所になってくれればいいなと思っています。


194.jpg




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/10/19 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #18『LYASTAボランティア:田中亜季さん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


181.jpg


第18回目の『メッセージリレー』は、ボランティアスタッフとサポートしている田中亜季さんです。

Q. まずLYSTAに参加したしようと思った理由を教えて下さい。

田中:もともと、東日本大震災以降、福島県のいわき市にはボランティアで訪れていました。
そういった中、たまたまを見てLYSTAのことを知ったのが縁で今に至ってます。

当初は帰還困難地域からの保護っ子が多く、やせ細ってうずくまり、
人間を睨みつける子達に「ゴメンね。」と言いながらお世話をしていました。
それから月1回程のペースでLYSTAに訪れています。


182.jpg


Q. LYSTAではどんなことを担当してますか?

田中:首都圏在住なのでボランティアに行った時に掃除や散歩、里親会のお手伝いをしてます。

Q. LYSTAの良いところは、どこでしょうか? ​

田中:多頭飼育でもお部屋がとってもキレイに掃除されていること。
必要な医療を可能な限り受けさせてあげること。
お世話してる人達が愛情を持って接しているので素直な子が多いこと。


183.jpg


Q. 最後にohanaにかける思いを教えてください。

田中:「保護っ子を家族に迎え入れる」ことを考えてもらうきっかけの場所になってくれたらいいな。と思っています。
私の家にも『のびたくん』と『ドトールくん』がLYSTAを卒業してやってきました。

のびちゃんは大熊町でドトールはいわき市保護された子です。
LYSTAの部屋では聞けなかった甘える声に毎日癒されてます。
2匹とも「幸せにゃ~」と思ってくれてるかと思うと顔が綻んでしまいます。

猫好きでも飼うことが出来ない方はサロンで新しい家族を待つ子達をナデナデしてあげてください。
そしてお気に入りの子がサロンを卒業出来るよう応援してあげてください。
一匹でも多くの保護っ子達が幸せな猫生を過ごせるようにプロジェクトの応援よろしくお願いします!


184.jpg




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

[ 2016/10/19 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。