2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ただいま~

13日夜、帰って来ました。
今回は今までに増して色々なことがあり・・・
忘れられないレスキューとなりました。

10日深夜、明けて11日になった頃ねこさま王国のありこちゃん、Oさんと共に出発し、
着いたのは11日朝9:30頃。
ぷちぽんもりおかのFさんご一行様、個人ボラのSさん、飼い主のTさんと合流し、それぞれチームに分かれていざ。
私はSさんと二人で現地組として、各チームの連絡役を仰せつかりました。
と、同時に前回のレスキューにて保護をしたポチ君を預かりさんへ送る手筈を整えることに。

ポチ君は保護当時、衰弱しており皮膚がところどころかぶれたようになっていました。
当日の搬送は無理と判断し、地元の動物病院へ入院させていただいていたんですが・・・
約2週間ぶりの再会です。元気になってるかなぁ~。
こんにちは~ ポチ君いますか~?

逕サ蜒・063_convert_20110614142016

逕サ蜒・062_convert_20110614141910

おぅ!俺は元気だぜぃ!!!

と~っても大きな声でお迎えしてくれました。
目にも力が出てきています。
皮膚の方も心配していた疥癬などではなく、免疫性のものらしいとの事。
投薬の効果があり、かさかさだったところは綺麗になり、うっすらと毛も生え始めています。
よかったね。ポチ君。
S病院のS先生、本当に有難うございました。

余談ですが、S病院さん、すごく忙しいんです。私達が伺った時も患者さんが入りきれずに
外でも待っている状態。なのに、洗面所をお借りしたときに・・・
あの~蛇口壊れてて水止まんないんですけどぉ~?
あっ、その内止まるから大丈夫です~って、修理しようよ~。
でもそれはね、あとでポチ君の入院治療費の明細を見て納得。
せんせ~、これじゃいつまでたっても蛇口直せないよ~。

ポチ君は三重の天使たちの居場所のくうさんのところに行く予定です。
仙台空港からセントレアまで空輸する予定だから、手配よろしくね~とありこちゃんから言われていたんですが・・・
どんな手続きが必要なのか確認を、ということでA○Aの予約カウンターへ電話を・・・
掛けても、掛けても、掛けても繋がらない~ ヾ(*`Д´*)ノ
ならば、仙台空港のお問合せ先へ・・・なにぃ~休みだとぉ~!
A○Aさん!週末に利用したいときはどうすればいいのっ?!
仙台まで走るには時間も掛かるし、だんだん気があせってきた頃、
そうだ!いつもお世話になっている日本アニマルトラストさんに聞いみよう!
トラストさんいつも空輸だし、きっと連絡先知ってるはず( ´艸`)な~んて良い考え!
確かにトラストさんとっても詳しくて、親切に教えてくださいました。
(トラストさんお忙しいのに有難うございました。)
仙台空港は貨物便がまだ復旧していなくって、空輸するなら庄内空港(山形)が一番近いこと。
庄内空港からセントレアの直行便は無くて、羽田かどこかで中継しなくてはならないこと
オゥ!\(◎∠◎)/マイガーッ!!
いくらポチ君が元気になったからといっても負担が重過ぎるな~。

困った時はありこちゃんに相談しよう!と、すぐに代案が。
今日、石川ドッグレスキューのハンナママが搬送ボラさんで来てくれるから、
一旦石川で預ってもらって来週末、くうさんへお渡しね~
(くうさんお迎えに来てくださるそうです。感謝!)
さすがありこちゃん。一件落着。
ということで、仙台に走らなくて良くなった私達にはたっぷりの時間が。

じゃあ、ダメもとで通行証の申請でもしてみようかということに。
被災地支援の車輌は、申請すれば通行証(高速道路の)というものがもらえます。
でも、人的ボラは認められても、動物ボラは認められないという事実に何度か直面していたので
ダメもとで・・・
まずは南相馬市役所でお問合せ、あ~それは福祉会館の○○へいってね~
で、福祉会館ではあ~それは相馬保健所の隣の○○へいってね~
次は、あ~それはボランティア本部で受入証をもらって来てね~と3箇所目でなんとか
手続きに近づいたような・・・
どこに行ってもお役所の組織って同じなんですねぇ(あっ、私的感想です)
ただ、違うのはどこに行っても本当に親切に接してくださること。
職員の方だってきっと被災者なのに。
各部署での熱心なお願いが功を奏したか(Sさん有難うね~)今回は通行証をGETできました。
関係各部署の皆様、本当に有難うございました。またよろしくお願いします。

そんなこんなで集合場所へ戻ると、先発隊のニャンとも素敵な時間のすすめ
あっこさんや、びっけちゃん、犬班のAさん、Mさんらが戻ってきて、ワンちゃんのスクリーニングに
行ってくださってました。
飼い主さん同行で保護してきたニャンちゃんも2匹いて、一時預かりさんへお願いすることに。
飼い主さん良かったね。再開できて。また一緒に暮らせる日まで頑張ってね。
ワンちゃんたち総勢7頭は、あっこさん手配の元それぞれの預り先へ。
中に1頭、高齢と思われる子がいて、なんと側溝にはまっていたところを救助してきたそう。
頑張ったね。良かったね。と散歩していたら・・・
くるくるくると足元を回ったかと思うと、おもむろに片足をあげて・・・
お~っと、私の足は電柱じゃないっ!間一髪水害を免れたのでした。
おじいちゃん、そのボケは笑えないよw

逕サ蜒・033_convert_20110614155922

みんなには思いっきりうけたけど・・・

そうこうしているうちに、続々と猫班がご帰還。
放浪保護7匹、飼い主さん保護2匹、計9匹がレスキューされました。
飼い主さん保護の2匹は、一緒におうちへ帰れることに。
飼い主さん、結構ご高齢でしたが頑張って保護に同行していただいた甲斐がありました。
本当に嬉しそうで、その顔を見られることが私達の一番の励みです。
もう離れないでね~。今回みたいな奇跡が2度起こる保障は無いからね。

ふと気付くともう日もとっぷりと暮れ、随分お腹が減ったような・・・
長~い一日が終わったようです。
2日目のご報告はまた明日。
心して書かなければならないことが有りました・・・ 




スポンサーサイト
[ 2011/06/14 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://huku6033.blog.fc2.com/tb.php/11-89c96376









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。