2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頑張ったね サリーちゃん

二日目早朝、爽やかな空気の中保護に出発。
今日は、プチポンもりおかの多紀さんと二人で行動です。
多紀さんがずっと気に掛けていたニャン多頭飼いの家に向うことに。

途中ふと目をやると家の庭にワンちゃんが・・・
近づいてみるが動かない。
もしや、と思った時やっと頭を上げた。
大丈夫?頑張ったね、一緒に行こう。
声をかけリードを掛けようとしたが、少し威嚇して逃げてしまいました。
逃げるといっても、腰を落しよろよろと早足程度に前進しているだけ。
少し距離を置いて後から付いて歩く。
家の周りを回るだけで、敷地からは出ようとはしない。
自分の家だもんね。守ってるんだよね。
もういいから、一緒に行こう。
分かってくれたのか、疲れたのか今度はすんなりとリードを掛けてくれました。
目は白内障になっていて、かなりの高齢と思われ・・・
よく一人で頑張っていたね。
保護できたことを多紀さんと喜びながら、目的の家に向いました。

着くと早速1匹走り逃げていきます。
あぁ、まだいるんだ。(この家からは既に6匹保護してるんです)
捕獲器をセットして少し近所を見て歩くことに。
田んぼのあぜ道を痩せた三毛猫が歩いて行く。
追って逃げる子はまず捕まらないんです。
行先を確認してフードと水を置いてきました。
次に来るときははきみの番だからね。

しばらくして戻ってみると、見事に1匹入っていました。
中でかなり暴れているけど、それだけ元気があるのかというと
捕獲器を持上げたときの軽さに溜め息が出る・・・
思わず笑っちゃったのは、その捕獲器の外から一生懸命餌をとろうと
夢中になって手を突っ込んでいる子猫がいたこと。
あまりに夢中で近づいても気にも留めていない様子。
よほどお腹が減っていたんでしょう。焼鰹を見せると飛んできてキャリーに納まりました。
人にも馴れていて、可愛いねぇ~なんていってたけど、その子の痩せっぷりは
尋常じゃあない。早くお腹いっぱい食べさせてあげたいよ~

車に戻ると、ワンちゃんに元気がない。
早く、早く、病院へと車を走らせた。
ポチ君がお世話になっていたS動物病院さんへ。
日曜日だけど快く引き受けてくださいました。
血液検査の結果は、腎不全、肝不全、尿毒症、極度の脱水、貧血、フィラリア陽性と盛り沢山。
ことに肝機能はデータを振り切って数値が出ないほどに悪化していました。

出来る限りの治療をお願いし、カルテ作成のために詳細を伝えていたところ、
S先生がもしかして履歴があるかもと、調べてくださいました。
実はこのワンちゃんのお家には住所とお名前が分かる表札があったんです。
この地域にはあまり表札を出していらっしゃるお家が無くって、まして住所がわかるなんて
奇跡に近いんです。
そして2番目の奇跡が。
カルテがあったんです。
12年前の通院履歴だったけど、年齢的にはこの子に近い。
先生、こんなに長くカルテ保管してくれてありがとう!!!

S先生もこんなときだから・・・ってカルテにあった飼主さんの電話番号を教えてくださいました。
もちろん、今は誰も住んでいない自宅の番号です。
祈るような気持ちで電話を掛けると、ここでも奇跡が。
飼主さん、ちゃんと転送の手続きをしてくださっていました。
無事、飼主さんとお電話が繋がり説明させていただいて。
どうやら間違いないようです。飼主さん、驚くやら嬉しいやらで・・・
なんとか会いに来て欲しいとお願いしたところ、もちろん会いに来てくださるって。

この子の名前はサリーちゃん
サリーちゃん頑張って元気になって、飼主さんを待っていようね。
でも、サリーちゃんの容態は私の目から見ても思わしく無く・・・
多紀さんや、犬班のAさんも一緒になってサリーちゃんを励まし続けてくれました。
サリーちゃん頑張って
サリーちゃん元気になろうね

気になりつつも次の予定があった私達は、先生にお願いし病院をあとに。
次の保護場所でバタバタしたあと電話を見ると不在通知が・・・
胸騒ぎを覚えつつ電話を掛けると、S先生が・・・
サリーちゃんが亡くなりました、と。

なぜ?もう少しで会えたのに!
また一緒に暮らせたかもしれないのに!

一緒に居た犬班のAさんが絞り出すように
なぜこんな目に遭わなきゃならないの?と・・・
なぜ福島だけが・・・?
彼女は福島県出身なんです。
彼女の涙は、私には理解しきれないほど重くて深い意味がある。
私は絶対忘れない。
サリーちゃんの死と彼女の嗚咽を。

翌朝、サリーちゃんのお母さんがお迎えに来てくださいました。
本当に良く頑張ったね、サリーちゃん。

逕サ蜒・074_convert_20110615161723

いっぱい食べて、いっぱいお散歩するんだよ 






スポンサーサイト
[ 2011/06/15 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(4)

Re: 見つかっちゃいました。

あれ?
なんで見つかっちゃったんだろう・・・?

落ち着かれましたか?
筋肉痛は無いですか?(笑)

暑くなる前にもっと何か出来るといいですね。
みんな、全然諦められないみたいです。
やっぱりおバカの集まり?(爆)

じゃ、また福島で。

[ 2011/06/17 08:44 ] [ 編集 ]

見つけちゃいました。。

サリーちゃんを忘れない。
絶対忘れない。
って思いながら、また頑張りまーす。

きっともっともっとたくさんの
悲しい景色も見ることになるんだろうと思います。
きっとずっとずっとたくさんの
悲しい風景と出会うことになるんだろうと思います。

でも絶対諦めない!のだ。

また福島でお会いしましょう。

[ 2011/06/16 22:07 ] [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

優しいお言葉有難うございます。
こうすればよかったんじゃないか・・・思いは尽きることはありませんが、前を向かなくてはいけませんよね。
被災地で感じることは、徐々に怒りに近くなっていくように思います。
爆発しないように気をつけなければね・・・
[ 2011/06/16 08:50 ] [ 編集 ]

被災地へ入った方はみなさん同じように辛い体験をされていると思います。どうか気を落とされませんよう。
サリーちゃん、残念でしたが、最期は助けてもらって、看取ってもらって、きっと安らかに旅立てたことでしょう。
サリーちゃんを助けてくれてありがとうございました。
[ 2011/06/16 07:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://huku6033.blog.fc2.com/tb.php/12-0379ccc2









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。