2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








タロー君

以前、飼主さん依頼で探していた楢葉のタロー君。

犬猫みなしご救援隊さんに保護され、栃木のシェルターで暮らしていましたが

昨年みなしご救援隊さんが広島へ帰られるタイミングで

飼主さんの住む仮設住宅へ戻ってきました。

高年齢で被災し放浪生活に耐えてきた為、めっきり元気がなくなってきていたんですが・・・

仮設では、飼主さんもタロー君も初体験となる室内飼育に挑戦しました。


      IMG_0181[1]


すると・・・

タロー君はみるみる元気になり、身体もふっくら。

表情もすっかり子供に戻ったみたいに。


      IMG_0186[1]


やっぱりね、どんなに手厚い保護を受けていても

飼主さんと暮らすのが一番嬉しいんですね。

たとえ元の飼主さんの所に戻ることが叶わない子でも

○○さんちの子、になれるのが一番だと思うのです。

福島県の保健所にも、福島にレスキューに行かれた方々のシェルターにも、

そして人の住んでいないあの地にも、

多くの子たちが飼主さんや新しいお父さん、お母さんを待っています。

忘れないで下さい。

もし、新しく家族を迎えようと考えていらっしゃるならば、

待っている子達の事を少し考えてあげてください。

勿論、福島だけでなく、貴方が住む場所にもきっと待っている子はいます。

誰よりも愛情を受けたいと願っている子達の事を

忘れないであげて欲しいと願います。



応援しています。

LYSTA~動物たちに光と再生を。

 署名のお願い    警戒区域にのこされている被災ペットについての要請書署名提出に関するお願い

 支援物資のお願い   仮設住宅で暮らすペットへの支援物資の募集





里親さん絶賛募集中! http://huku6033.blog.fc2.com/blog-entry-144.html






福島原発20㎞圏内には今も頑張っている命が沢山あります。
また、保護され飼主さんを待っている子やホストファミリーを探している子が沢山います。
保護された子の1匹でも生涯の家が見つかれば、次の命を保護することが出来ます。
ペットを飼っていた方は、家族を探してあげてください。
ペットを飼っていたという方をご存知の方は、ぜひ保護されているかもしれないということを教えてあげてください。
これからペットを飼おうと思っていらっしゃる方は、是非里親、預かりについて考えてみてください。
ご自身が無理でも、周りの方に声かけをしていただければとても助かります。
知っていただく事が今一番必要だと感じています。
どうかご協力お願い致します。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2013/01/28 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://huku6033.blog.fc2.com/tb.php/179-5637186d