2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








同行避難

今朝、車の運転中にラジオのニュースで知りました。

思わず涙がうるっと・・・


災害時、ペットは一緒に避難を 環境省が初の指針配布へ
2013年03月28日 20:06


 環境省は28日、災害時にはペットは飼い主と一緒に避難所や仮設住宅に避難させることを原則とし、自治体に態勢整備を促す初の「被災動物の救護対策ガイドライン」の概要をまとめ、中央環境審議会動物愛護部会に示した。
 東日本大震災では、鳴き声やにおいなどを理由に避難所でペット受け入れが認められないケースがあった。このため、普段から自治体や飼い主に同行避難の準備を促すのが狙い。
 環境省は4月にも全国に配布する計画だが、この日の部会では委員から「さまざまな災害があり、一概に同行避難と言っても自治体は困るのではないか」などの批判も相次いだ。
 ガイドラインの概要には「災害発生時は、原則として飼い主とペットは同行避難を行う」と明記。自治体には避難所や仮設住宅へのペット受け入れの配慮を求める。飼い主にもペットの避難用品を準備し、避難所でほかの人の迷惑にならないよう、必要なしつけをするよう促す。
 環境省は具体的な配慮の方法として、避難所で人とペットの居住空間を分けることなどを想定しているとしている。
 また、地元の獣医師会などと協力し、災害時に備えた協定締結や救護本部の準備を検討することや、けがをしたり逃げ出したりしたペットの保護策も盛り込む方針。

北日本新聞 くらし情報より転載】



ついに環境省が発信しました。

次は各自治体が対応する番です。

そして、飼主が準備を!

団体生活に適応できる日々の躾、災害時への必要な準備。

さぁ、何個キャリーを買わなくちゃなんないかなぁ~。


防災情報のページが有りました。

ご参考に。

防災情報 ペットと災害


   img_petgoods.png




応援しています。

LYSTA~動物たちに光と再生を。



里親さん絶賛募集中!






福島原発20㎞圏内には今も頑張っている命が沢山あります。
また、保護され飼主さんを待っている子やホストファミリーを探している子が沢山います。
保護された子の1匹でも生涯の家が見つかれば、次の命を保護することが出来ます。
ペットを飼っていた方は、家族を探してあげてください。
ペットを飼っていたという方をご存知の方は、ぜひ保護されているかもしれないということを教えてあげてください。
これからペットを飼おうと思っていらっしゃる方は、是非里親、預かりについて考えてみてください。
ご自身が無理でも、周りの方に声かけをしていただければとても助かります。
知っていただく事が今一番必要だと感じています。
どうかご協力お願い致します。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2013/03/29 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://huku6033.blog.fc2.com/tb.php/194-90288739