2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








3年ぶりの・・・

ブログのことを気にしつつも、毎日があっという間で。
アップしようと思っていたことがどんどんフレッシュさがなくなり、
思い出話のようになっていきます(笑)
あ、ご心配かけて申し訳ありませでした。
ちゃんと生きております。

ワンワンニャンニャンの日で始まった3連休、
いかがお過ごしでしたか?
私は最終日の月曜日に、ほぼ3年ぶりとなる福島に行ってきました。
私が参加している石川アニマルフレンズの会長が
福島に犬のお迎えに行くというので、
今しかない!と思い同行させてもらいました。

1.jpg

いつもと同じように朝日を迎えつつ

3.jpg

霧の中を抜けて、磐梯山に着く頃にはすっかり明るくなりました。

5.jpg

今回の目的のひとつ、
震災後、石川県で保護されていた龍パンやイチロウたちに会いに
今も仮設住宅暮らしの飼い主さんのもとへ。

相変わらずノリノリの龍パン。
みんな一斉に、龍パン!腰のくびれが無いっ!って(笑)

6.jpg

イチロウは思った通りの反応で、一瞬にして去って行きました。
ルッサは写真も撮れず・・・

7.jpg

弾丸日帰りツアーのためゆっくりとするわけにもいかず、
次なる目的地へ案内していただきました。

浪江町にあるシェルターへ。

8.jpg

10.jpg

9.jpg

11.jpg

みんなのびのび暮らしていましたよ^^

20.jpg

今回の主目的、茶々ちゃんをお預かりして楢葉のシェルターへ移動。

大手を振って6号線を走る。
でも、それぞれ脇道には全部バリケードが。
見慣れた通りも、

12.jpg

入口には看板。

13.jpg

17_2014112518145655c.jpg

除染作業地の傍らにこんな看板も。

15.jpg

14.jpg

最終目的地の楢葉シェルターに物資を降ろしミッション終了。
一路帰宅の途につきました。




私にとって福島はとても思い入れのある場所です。
今回もいろんなことが思い出されて
言い表せない感情が湧いていました。

ブログにたくさん書こうと思い書き始めましたが、
言葉が出てきません。

当時現地では何を見ても涙が出ませんでした。
一緒にいた皆ともよく話しましたが、目に映っているだけで
脳に取り込むことを本能が規制していたような気がします。
理解するのを拒否していたというか、
深く感じないように自己防衛していたというか・・・
なので帰ってきてからは、
福島という言葉を聞いただけで涙が止まらなくなったりもしました。
今でも関連ニュースを聞くと涙腺が故障します。


だからね、また必ず行きます・・・

18.jpg



動物も、家も、いまも主が帰ってくるのを待っています。

まだ忘れないでくださいね。









ペットショップへ出かける前に、是非ご覧になってください。

石川アニマルフレンズより里親さん絶賛募集中!




応援しています。

LYSTA~動物たちに光と再生を。





福島原発20㎞圏内には今も頑張っている命が沢山あります。
また、保護され飼主さんを待っている子やホストファミリーを探している子が沢山います。
保護された子の1匹でも生涯の家が見つかれば、次の命を保護することが出来ます。
ペットを飼っていた方は、家族を探してあげてください。
ペットを飼っていたという方をご存知の方は、ぜひ保護されているかもしれないということを教えてあげてください。
これからペットを飼おうと思っていらっしゃる方は、是非里親、預かりについて考えてみてください。
ご自身が無理でも、周りの方に声かけをしていただければとても助かります。
知っていただく事が今一番必要だと感じています。
どうかご協力お願い致します。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/11/26 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://huku6033.blog.fc2.com/tb.php/246-cd01ac39