2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09








思いを残す

すっかり更新が滞ってしまいました。
訪問してくださった皆様、申し訳ありませんでした。
私なんぞのブログでも毎日誰かが訪れてくださるなんて、ブログを始めた頃には考えてもみないことでした。

大体、三日坊主の私がブログを続けられるのか?と思いながらのスタートだったので、このペースで自分らしいのかもしれませんが・・・
ちょっと、ブログを始めよう!と思った時のことを書きたいと思います。

今年のGWに初めて福島のレスキューに参加しました。
理由は以前書いたとおりですが、とにかく今何かしないと、という焦りのような気持ちでした。
活動しているときは、初めての事ばかりで、戸惑いながらも一生懸命でした。
今思えばあまり役にも立っていなかったような気もしますが(笑)
あっ、今も?

福島から帰って、久しぶりに日記に書き留めたくなりました。
三日坊主のため、5年日記と言うものを使い書きたくなった時だけ書いていますが、1年に30日分程でしょうか(爆)
あった事だけが記されている愛想も何も無いメモのようですが、後で見るとあ~こんな事あったのねとか思います。

さて、あんなにいろんな事があったんだから沢山書くぞ!と日記に向いましたが・・・
何も書けないのです。
その場では心に強く響いたことも、いろんな思いもあったのに、書けないのです・・・
そう、忘れたのです。
すでにぼんやりとした思い出になってしまっていて、具体的な言葉に出来ないのです。
ショックでした。
被災地の事、動物達の事、変わらず思っている自分もいるのに、過ぎたことは終わったことになっている。

実はその原因も自分で分かっていました。
私は、後悔をしない生き方をしたいと思うあまり、いつの間にか何でもすぐに忘れると言う術を身に付けていたのです。

私は学生の頃、交通事故に遭いました。
死んでもおかしくない事故だったと後から皆に言われました。
その時に、人って何時死ぬかなんて分からない、何時死んでも後悔しないような生き方をしようと思いました。
でも若かった私は、それが、その時を楽しめばいいと言う事だと思っていました。
存分に学生時代を楽しみ私は社会人になりました。

少し大人になった私は、ある日突然大切な人を失いました。
土曜日の夜、また明日ね、と別れた彼が、日曜の朝目覚めなかったと電話がありました。
食欲も無くなり、睡眠も取らない日が続きました。
でも人間の生への本能は、意思とは関係なくギリギリのところで強く動き出すものです。
いつの間にか眠り、起きればお腹が減る。
悲しみに浸っていても、生きる為に身体はお構いなしに前に進もうとします。
そしていつしか悲しみにも蓋をして歩き出しました。

OL仲間ではオツボネサマといわれる年齢になった頃です。
友人が筋萎縮性側索硬化症(ALS)という病魔に冒されました。
今でも治療法の無い難病です。
彼女は死を見つめながら5年間を戦い抜きました。
傍で見ていた私は何もしてあげられず、逆に彼女から教えられることばかりでした。
そう、彼女が教えてくれたのは自分の最期を考えるということでした。

私は兄弟がいません。
子供もいません。
従兄弟の中では一番歳が若いです。
世の順番通りであれば、私が死ぬときは孤独死です。
そう思うといつでも身の回りを整理して、何も後に残さず迷惑を掛けぬようにと思っていました。
そう思うあまりに、物を買うのも不必要、メモや日記を残すのも不必要、いやむしろ迷惑と思うようになりました。
そしてついに、思いを残すこともいけないことにしてしまったのです。

本来の私は、喜怒哀楽が激しく単純ではありますが至って人間らしいと思っています。
そんな自分の中で発生したギャップに驚愕しました。
このままでは、感情や感動の無い人間になってしまうと思いました。
最期を考えるあまり、生きている今をちょっとなおざりにしていました。
自分の思いを伝えるという事で、取り戻そうと思いました。

そんな思いでブログを始めたのです。
今を大切に、大事なことを忘れるところでした。
福島レスキューとブログは、私も救ってくれました。
この機会を与えてくださった全ての方に感謝しています。
なんだか今日は取り留めの無い話になってしまいました。
お付き合いくださり有難うございます。
これからも宜しくお願い致します。 

大切な家でくつろぐ、大切な家族です。

DSC01666_convert_20110826174737.jpg



家族を待っている命があります。

ご賛同、ご支援宜しくお願い致します。

ねこさま王国


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/08/26 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://huku6033.blog.fc2.com/tb.php/52-dac97843