2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メッセージリレー #15『多頭猫現場 K様』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


151.jpg


第15回目の『メッセージリレー』は、ご自宅の庭が多頭猫現場になってしまったK様です。

子猫が20匹以上生まれてしまったあとに避妊去勢手術を決断され、lystaに相談がきました。
捕獲の手伝いをし、成猫全頭の手術が完了し、子猫は全頭保護になった現場です。


152.jpg


Q. いつ頃から猫が居着いてましたか?

K :3~4年前に引っ越してきたときからです。

Q. 現在何匹の猫がいますか?

K :7匹くらいです。

Q. 子猫が生まれてしまったときの気持ちと、今春は何匹くらいの子猫が生まれましたか?

K :かわいそうだからただ餌をあげるという安易な考え方が間違っていた。
この子たちをこれからどうしていこうか・・・。
今春は20匹以上の子猫が生まれて猫の繁殖力を思い知らされました。


153.jpg


Q. 20匹以上の子猫が生まれて、さらに多頭現場になってしまいどんな気持ちになりましたか?

K :少ない頭数のうちに手術をさせてあげればよかった。
本当に後悔・・後悔・・の日々でした。
精神的にも追い詰められていました。
とにかくこのまま増え続けて、せっかく生まれてきた命を無駄にしたくない、
なんとしてもこの負の連鎖を止めなければいけないと思いました。


154.jpg


Q. どんな経緯でリスタに手術の手伝いのSOSをだしましたか?

K :以前にボランティアをさせていただいたことがあり、リスタさんのことは知っていましたが、
手術の手伝いをしていただけることは子猫が生まれてからブログを見て初めて知りました。
直ぐに代表の鈴木さんに連絡をとりました。
早急に対応していただき本当に助かりました。

Q. 全頭手術が完了した後の気持ちの変化はどうでしたか?

K :今は本当に手術をしていただいてよかった。
いつも心のどこかに手術をさせてあげなければという気持ちがあり、
焦りと不安でいっぱいだったので・・・。
繁殖を止めることができたほかに、避妊手術をしないがために起こるママ猫たちの身体の負担もなくなり、
今いる7匹には少しでも長生きしてもらいたい。

リスタの皆さんには本当に感謝しています。

Q. 生まれた20匹以上の子猫はその後どうされましたか?

K :リスタさんと、またリスタさんと一緒に保護活動をされているボランティアの方に引き取っていただき
里親さんを探していただきました。
また、私自身も知人や母を頼り、何匹かは引き取ってもらいました。


155.jpg


Q. 最後に、里親募集型保護猫サロン「Ohana」と野良猫手術室新設への思いやメッセージをお願いします。

K :この施設が完成すれば、更に多くの人にTNRの大切さを知っていただけると思います。
私のような人が増えないように、
皆さんが野良猫の避妊手術に踏み出す手助けをこの施設は担ってくれると思います。

私も微力ながら、助けていただいた恩返しを少しずつできるよう、これからも応援しております。




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



[ 2016/10/14 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #14『LYSTA代表 鈴木理絵 3』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!



141.jpg


第14回目の『メッセージリレー』は、LYSTA代表・鈴木理絵さんの第3弾です。


代表の鈴木です。
ハナ咲カプロジェクト、応援してくださっている皆様ありがとうございます。

さて、前回は保健所から引き出した小雪ちゃんのことをお話しました。
今日は震災のときのお話です。

2011年3月11日14時46分
マグニチュード9.0という巨大地震が発生しました。


142.jpg


当時、私は特急列車の車内販売の仕事をしており、仕事にでる直前でまだ自宅におりました。
家の中のあらゆる物が散乱し、ピアノまでもが倒れ部屋が塞がれました。

私の自宅は海から300mほどです。
スマトラ沖地震の光景が脳裏に浮かび、大切な家族であるわんこを連れてここから逃げなければと思いました。


143.jpg


体中が震え、なかなかわんこをキャリーにいれることができません。
今思えば、みんなのぶんのキャリーがあって良かったな、と思います。

私たち家族は避難所の駐車場で一夜を明かし、膝の震えは翌日まで続いていました。

福島第一原発事故の水素爆発をみたときは、ただただ静かに涙がこぼれました。
感情は「無」でした。

地震がおきたとき、水素爆発した映像をみたとき、津波と火事の映像、私は一生忘れることはないでしょう。


144.jpg


自宅はライフラインが完全にストップし、わんこ連れでの避難生活、
避難所には入れるわけがないと鼻から諦めていました。
避難先を点々とし、最終的には親戚を頼り県外に避難していました。

福島第一原発の周辺に犬猫がとりのこされていることをニュースやSNSでみていました。
私には守るべき、人間の家族とわんこの家族がいます。
それまで保護犬活動をしていた自分でも「被災者は被災ペットを救えない」と思い絶望していました。

約2か月の避難生活から自宅に戻ったとき、翌日から人間のボランティアに行きました。
支援物資の仕分け作業です。


145.jpg


それが落ち着き、ここに私はもう必要ないな、と感じ、そこでようやく動物のボランティアに行ける状況になりました。

当時福島県内にできた仮設のペット保護シェルターに手伝いに行くようになりましたが、
そのうちに仕事場である常磐線が復旧します。

仕事の休み希望をめいっぱいだしながらわんこのボランティアに通うようになりましたが、
通っていた仮設保護シェルターが2011年の夏には撤退されることになりました。

しかし、警戒区域にはまだたくさんの犬猫がとりのこされています。

どうして自分は震災で生き残ることができたのか、自分の役割は何なのか、考えました。


146.jpg


警戒区域までは自宅から20kmほどです。
こんなに近くに居るのに、20km先には飢えた動物たちがとりのこされているのです。

車内販売の仕事が好きでした。

放射能が高い場所に行くな、と言ってくれている彼がいました。

悩んで悩んで悩んで、この時が私の人生の分かれ道になります。

被災ペットの保護シェルターにしてしまったら、毎日お世話で休みはありません。

最初は貯金を崩すにしても、物資や資金はどうしていくのか、途中で投げ出さないでできるのか。

不安、責任、助けたい気持ち、一生分悩んだと言っても過言ではありません。

好きだった自分の居場所を捨てて、とりのこされた子たちを少しでも助ける、

自分が生かされた役割はこれなんだ、と

最終的に決意しました。


震災から半年後の2011年9月11日、私はLYSTAとして活動を始めます。


次回は旧警戒区域(帰還困難区域)内でのレスキュー活動のお話です。

>>> 第4弾に続く...




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


[ 2016/10/12 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #13『里親編:T様』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!

131.jpg


第13回目の『メッセージリレー』は、里親さんのTさんです。

Q. 保護犬を迎えようと思ったきっかけは?

T:行きつけの動物病院に貼られていたチラシで、LYSTAさんの活動を知りました。

それから、ボーナスの時期に募金をさせて頂くかたちで支援をさせて頂いていたのですが、
先住犬のチーズの闘病をきっかけに、ブログも拝見するようになり、
チーズと同じ病気を持つかすみちゃんの存在を知りました。

先住犬のチワワ「チーズとココ」の2匹は東日本大震災の直後に捨てられ保健所に収容されておりました。

攻撃性が高い性格との事で殺処分の対象となっておりましたが、
当時、他の愛護団体さんからその事を知り、なんとか保健所にお願いをして引き取りました。

攻撃性が高いと言われていた性格ですが、
震災の恐怖と捨てられたことによるショックからだったようで、
家に来てからは本当に優しく、笑顔が多いわんぱくで可愛い子たちでした。

チーズもココも来た当時すでに高齢で、
特にチーズは病院の先生より「僧房弁閉鎖不全症」による心雑音があるとの診断を受けていました。
昨年の夏より失神、肺水腫が起こるようになり、10月には余命を宣告され、
それから3ヶ月後の1月に天国へ旅立ってしまいました。

この僧房弁閉鎖不全症は、完治せず薬で症状を緩和していくしかないと言われている病気で、
症状が次第に悪化していく中、段々薬が効く時間も短くなり、
酸素吸入等、他に改善できる手段はないか色々試したのですが、
本人の苦しみを一時的に和らげる事しかできず、
あれだけ私たちに笑顔や幸せをくれたチーズに対して
助けてあげる事が出来なかったという自責の念がありました。

チーズの死後、チーズの親であるココも寂しさから憔悴し、
このまま悲しみに浸っているだけではココも失ってしまうという危機感もあったため、
新しい家族を探すことにしました。

その際に同じ僧房弁閉鎖不全症で里親募集となっておりました、
LYSTAのかすみちゃんの事が頭から離れず、
チーズの闘病の苦しみを見てきたため、
誰か側にいてあげなくてはと思い里親の申し出をさせて頂きました。


132.jpg


Q. LYSTAのシェルターに行った時、どのような印象を持たれましたか?

T:それまでシェルターというのは里親さんが決まるまでの間、
全員ケージの中で生活しているのかと勝手なイメージ を持っていましたが、
実際かすみちゃんとの面会で初めて伺った際、
猫、大型犬、小型犬それぞれに配慮された清潔で快適そうな施設だったため衝撃を受けました。

大型犬も日中外で日向ぼっこをしており、
沢山いる猫たちもプレハブの窓に吊るされたハンモックでリラックスしていました。
小型犬たちも自由に走り回れる広さの部屋で、元気に私たちを出迎えてくれました。

色々な経緯でシェルターに引き取られて来た子たちだと思いますが、
一切の悲壮感を感じなかったのが印象的でした。
また、これだけの頭数がいながら様々な医療機関と連携して高いレベルの医療を受けている事、
フードや生活レベルにおいても妥協せず、それぞれの子の幸せと真剣に向き合う姿勢が感じ取れました。

また譲渡の際には、直前に健康診断を受け、
綺麗にシャンプーをした上でこちらに届けて下さいました。
「これから長くこの子を大切にして下さい」との思いを感じました。


Q. かすみちゃんを迎えてみていかがでしたか?

T:繁殖犬として狭いケージで暮らす事を長年強いられていたためか、
元々の本人の性格かは分かりませんが、とても大人しく手のかからない子です。

一日の大半は寝ています。
粗相もせず、自分のテリトリーから出てくる事もなく、あまりにも良い子すぎるため、
「もっと自分を出してわがまましていいんだよ」と最初心配になりました。

臆病で、最初は散歩に連れて行ってもガチガチに固まってしまい、
一歩も動けない事が一週間位続きました。
病気の事もあるので、本人が好まないなら無理に散歩はしなくてもいいかなと思っていたある日、
散歩グッズを用意していると飛んで跳ねて大喜びしているかすみちゃんの姿がそこにありました。

今ではこの散歩の時間が何よりの楽しみとなっているようです。
最近では自分の家という意識が芽生えたせいか、
あまり褒められる事ではないのですが、お客さんが来ると、ココと一緒に吠えて大騒ぎしています。

夏は早朝、涼しい時間に海に行ったり、お休みの日にはいつもと違う場所を散歩したり、
外の色んな風景や匂いを楽しみながら毎日新しい発見をしています。
先住犬ココとは、大人の犬同士のため良い距離感を保ちながら、
チーズの時とは違った関係性でお互いを大切にしているのを感じます。

私たちにとっても日々かけがえのない存在、大切な家族になっています。


133.jpg


Q. 最後にohanaにかける思いを教えてください。

T:私の知る限りですが、震災前はいわき市に保護シェルターを持つ団体さんはなかったかと思います。
震災を機にこのような団体を立ち上げて下さり、
5年以上の長きに渡って維持して下さっていること、心より感謝申し上げます。

これまで支えて下さった支援者の方のご支援にも本当に感謝の言葉しかありません。
皆さんのおかげでこの地域の犬猫の多くが救われていると思います。

私は支援者の一人としての立場ですが、
やはり現在のLYSTAさんが保護されている子たちの頭数を考えますと、
次のステップに進まれる時期なのだと思います。
保護猫サロンが完成し、自然な状態で猫と触れ合ってもらえれば、
より一層お互いの相性を確認でき、里親さんを探せるチャンスが増えると思います。

また、サロンの収益を通して、寄付金以外に自活の道があるという事は、
今後長くこのような活動を維持していくにあたり、とても重要な事だと思います。
手術室の費用も含め、プロジェクトの設定金額はハードルが高く大変なものだと思いますが、
私も微力ながら実現へ向けて協力させて頂きたいと思います。

関わる全ての方、動物たちが幸せになれるプロジェクトになりますよう、心より応援しております。
そしてこのプロジェクトが成功し、モデルケースとなる事で、
他の地域の動物愛護の光となりますよう願っております。


134.jpg




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

[ 2016/10/06 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #12『LYASTAボランティア:椎名 薫さん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


121.jpg


第12回目の『メッセージリレー』は、ボランティアスタッフとサポートしている椎名 薫さんです。

Q. まずLYSTAに参加したしようと思った理由を教えて下さい。

椎名:東日本大震災が起きたとき、リアルタイムで津波映像を見ながらそこに住む人だけでなく、
飼っている犬や猫はどうなっているのだろう?という事が気になり、
直ぐにレスキューに立ち上がった方のブログを読んでいましたが、
代表理絵さんのブログもそのひとつでした。

仕事を辞めてレスキューに専念することを決め、
最終勤務を終えたときの記事がとても印象的です。
そして自宅から3時間弱で日帰りも可能なシェルターワークでの
ボランティア活動に参加するようになりました。

道中の山並み、太平洋の青い海、いわきの広い空、そして可愛い動物たち、
(帰路の美味しい食べ物や温泉も!)、
与えるより与えてもらう事のほうがたくさんあるLYSTAです。

Q. LYSTAではどんなことを担当してますか?

椎名:参加当初は、シェルターワークが主でした。
その後、私のライフスタイルが変わり定期的にいわきへ行くことができない時期もありました。

またLYSTAでのボランティア活動以外に、
原発事故で避難指示区域となっていた〝葛尾村〟の動物を見守る活動に参加しており、
その区域で保護した猫の譲渡会を千葉県で定期的に開催しています。

LYSTAの保護猫も千葉の譲渡会に参加していますので、
代表から依頼があった際に里親を申し出た方のお宅訪問を担当することもあります。

Q. LYSTAの良いところは、どこでしょうか? ​

椎名:それは何と言っても、何があっても、何を置いても犬猫が第一であり、
一頭、一匹の子にたっぷりケアと愛情をかける代表理絵さんの心持ちです。

当たり前のようですが、LYSTAを維持していくには考えなくてはいけない色々な事がある中でも、
このことが太い柱となっているところが良い所ですし、
それだからこそボランティアを続けたいと思います。

Q. 最後にohanaにかける思いを教えてください。

椎名:保護猫サロンが里親さんとの出会いの場として大変意義深いことは、
既に皆さんがおっしゃっている通りだと思います。
どのような場所で、どのような形で実現しようかと代表が模索して来た結果、
このプロジェクトが立ち上がりました。

何故いわき湯本で?
なぜ中古物件で?
と思う部分があるかもしれませんが、
様々な選択枝がある中、
他の方法もシュミレーションだけでなく理絵さんが実際に足を運んだり交渉をした結果の、
「命のハナ咲カプロジェクト」ですので、是非実現して欲しいです。

そして私に出来る応援を続けていきたいです。



応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


[ 2016/10/06 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #11『LYASTAボランティア:坂本優子さん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


111.jpg


第11回目の『メッセージリレー』は、ボランティアスタッフとサポートしている坂本優子さんです。

Q. まずLYSTAに参加したしようと思った理由を教えて下さい。

坂本:2011年12月。民間の動物愛護団体などを対象に
「公益立ち入りペットレスキュー」(いわゆる黄色いリボン)が行われました。
私はこれに初めて犬猫ボランティアとして参加して、
初めて見る警戒区域圏内に衝撃的を受けました。

報道では伝わりきらないことをたくさん目にし、
まだまだたくさんの命が取り残されていることを知りました。

それから、何とかまたレスキューの手伝いが出来ないものだろうか。
と、インターネットで、警戒区域内に立ち入り、犬たちを救い出している「LYSTA」を知ったのです。

ブログを読んでいると、
警戒区域内で保護された犬たちを誠実にお世話している様子がうかがえました。
ブログには、圏内での事実を伝える悲しい写真も。
そして、2012年4月に保護された「うめちゃん」の写真をみて衝撃をうけ、胸が痛くなりました。

この子は今日救われなかったら、明日命を落としていたのかも。。
圏内では生きていることが奇跡。
悲しい結末を迎えた写真の仔も、命を落とす前日に保護できていれば、
今元気で生きてくれていたのかも。。。
そう思い、命をかけて「圏内レスキュー」に取り組むLYSTAにボランティアで参加するようになりました。


112.jpg


Q. LYSTAではどんなことを担当してますか?

坂本:月に1回程度の訪問なので、主に猫舎の掃除と犬の散歩。
あとは洗濯や片付けなど細かい雑務。
時間があれば犬たちのブラッシングをしたり、猫と遊んだりしています。
時々ですが、関東での里親会のお手伝いもしています。

Q. LYSTAの良いところは、どこでしょうか? ​

坂本:「清潔」「誠実」「聡明」 これにつきます!
私が勝手に思っているLYSTAの「3S」です(照) とにかく犬猫第一!
あとは海風が気持ちよく、自然いっぱいでのんびりした環境ですね。
そして愛にあふれています。


113.jpg


Q. 最後にohanaにかける思いを教えてください。

坂本:私自身、LYSTAから犬を一頭里仔に受けました。
その仔はとても物静かで臆病で、人に気づかれないようにひっそりとそこにいるような仔でした。
でも、本当はお散歩に行くときに喜んでぴょんぴょん飛び跳ねたり、
リードを引く人を気遣いながら一緒に歩いてくれるような、そんなかわいい仔でした。

でも、せっかくお見合いに来てくれた人がいても、
臆病だから犬舎の奥に縮こまって全然出てきません。
その仔のかわいさは全く伝わらないのです。
私はボランティアで通っていたので、臆病だけど気遣いのできるその仔の性格を理解していました。
でも一回お見合いに来た初対面の人には到底わからないことだと思います。

里親会では猫たちは必ずケージに入っています。
車に揺られて知らないところに連れてこられた状態では、固まってしまうのも当然。

LYSTAの猫舎では、お掃除をしていてもたくさんの猫たちが、
「あそぼ、あそぼ」と背中に乗ってきたり、足にすりすりしてきたり。
猫本来のかわいい仕草や表情を「ohana」ではありのままにご覧になれるでしょう。

そして、それぞれの個性や特徴を理解して
一生をともにできる相性のあった仔との出会いを見つけられると思います。
納得がいくまで通い詰めることももちろん。
運命の出会い、インスピレーションで即決もありだと思います。

里親会で固まった仔たちから家族を探すのではなく、ありのままの姿を見て家族を探す。
そんな空間になってくれたらいいなと思います。
もちろん、猫と暮らせない猫好きさんの癒しの空間でもあってほしいです。

さらに、湯本駅周辺は震災後、めっきり人通りが減って寂しくなったと聞いています。
「ohana」周辺にも野良猫さんがいるらしく。。。
「ohana」Openをきっかけに、湯本猫たちとともに
湯本の町に活気を取り戻せたらいいなぁ~なんて考えています。


114.jpg




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


[ 2016/10/05 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。