2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メッセージリレー #18『LYASTAボランティア:田中亜季さん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


181.jpg


第18回目の『メッセージリレー』は、ボランティアスタッフとサポートしている田中亜季さんです。

Q. まずLYSTAに参加したしようと思った理由を教えて下さい。

田中:もともと、東日本大震災以降、福島県のいわき市にはボランティアで訪れていました。
そういった中、たまたまを見てLYSTAのことを知ったのが縁で今に至ってます。

当初は帰還困難地域からの保護っ子が多く、やせ細ってうずくまり、
人間を睨みつける子達に「ゴメンね。」と言いながらお世話をしていました。
それから月1回程のペースでLYSTAに訪れています。


182.jpg


Q. LYSTAではどんなことを担当してますか?

田中:首都圏在住なのでボランティアに行った時に掃除や散歩、里親会のお手伝いをしてます。

Q. LYSTAの良いところは、どこでしょうか? ​

田中:多頭飼育でもお部屋がとってもキレイに掃除されていること。
必要な医療を可能な限り受けさせてあげること。
お世話してる人達が愛情を持って接しているので素直な子が多いこと。


183.jpg


Q. 最後にohanaにかける思いを教えてください。

田中:「保護っ子を家族に迎え入れる」ことを考えてもらうきっかけの場所になってくれたらいいな。と思っています。
私の家にも『のびたくん』と『ドトールくん』がLYSTAを卒業してやってきました。

のびちゃんは大熊町でドトールはいわき市保護された子です。
LYSTAの部屋では聞けなかった甘える声に毎日癒されてます。
2匹とも「幸せにゃ~」と思ってくれてるかと思うと顔が綻んでしまいます。

猫好きでも飼うことが出来ない方はサロンで新しい家族を待つ子達をナデナデしてあげてください。
そしてお気に入りの子がサロンを卒業出来るよう応援してあげてください。
一匹でも多くの保護っ子達が幸せな猫生を過ごせるようにプロジェクトの応援よろしくお願いします!


184.jpg




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

[ 2016/10/19 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #17『里親 浅居さん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


171.jpg


第17回目の『メッセージリレー』は、里親としてLYSTAより猫を引き取った、浅居様です。

LYSTA鈴木:2014年1月1日、福島第一原発事故に伴う帰還困難区域に、元旦からレスキューにはいりました。
その元旦レスキューで保護できた「こんぶくん」。
その後、浅居さんに巡り合うことができ「ドラちゃん」というお名前をいただきました。


172.jpg


Q. ドラちゃんの里親になっていかがですか?

浅居:もともと動物が大好きで、犬や猫を迎えるならペットショップからではなく、
ボランティアさんか保健所からがいい、という考えがありました。
ただ、当然ながら安易な気持ちで飼えないので、なかなか一歩が踏み出せず。

そんなとき、女優の杉本彩さんのブログでLystaさんが東京の駒沢公園近くで里親会を実施することを知り、
これは良いきっかけきもしれないと思い足を運んだことが、ドラちゃんとの出会いでした。

正直どの子がいいか、と選ぶことは難しかったです。
みんな可愛いですし、できるなら二匹三匹引き取りたいですし。

代表の鈴木さんに色々とお話を伺い、子猫より成猫は引き取りが少ないけれど、
性格が分かっているので一緒に暮らしやすいと教えて頂いて、里親会にいた成猫の、
ずっと爆睡していた大きな顔のマイペースなドラちゃんに惹かれるものがあり、彼を迎えることにしました。


173.jpg


当初より甘えん坊のドラちゃんでしたが、
やはり我が家に来た当初は体も固くどこか緊張して遠慮がちでした。
猫からしたら、急に初めての家や人間、不安ですよね。
大丈夫だよ、大好きだよ、ずっと一緒だよ、そんな言葉をかけ続けて早二年。

今は体もふにゃふにゃ、常に私の膝に乗り、一緒に寝て、よく食べよく遊んでいます。
素直で優しい猫さんです。
ドラちゃんを助けてくださったLystaさんに心から感謝しています。

ペットを迎えることは簡単ではありません。
ペットが暮らすに十分な部屋の広さか、お散歩の時間は十分にあるか、
留守のとき面倒を見てくれる人が近くにいるか、病気になったとき高額な医療費を払えるか、などなど。

でも、きちんと覚悟を持って一緒に暮らすことで、驚くほど幸せをもたらしてくれる、これもまた紛れもない事実です。


174.jpg


Q. 今回のプロジェクトへの期待できることや想いなどを教えてください。

浅居:新たに大きなプロジェクトに挑戦されるLystaさんの想いに改めて感銘を受けました。
Lystaさんは普段から頻繁にブログで近況報告して下さいますし、
支援金や届いた物資の開示も丁寧にされているので、安心・信頼があります。

今回のohana建設は、手術室の確保により、多くの地域猫を守ることができると思いますし、
猫サロンで実際に触れ合って猫のことをよく知ってもらうことで、里親希望も増えると思います。

例えば生活環境から飼うことは出来ないけれど、動物と触れ合いたい、何か役に立ちたい、
という考えの方にも、ohanaを利用することは、Lystaさんの活動を応援することになります。

好きだからこそ飼わない、という考えも動物愛護の一つだと個人的には思います。
日々動物保護のため一生懸命活動されているLystaの皆様、獣医の先生、Lystaから迎えた里親の方々、
直接関わった事はないけれど賛同して下さった方々、全員に共通する『守りたい・大切にしたい』という願い。
その集大成が今回のohanaではないかなと思います。
どうか、成功しますように。

応援宜しくお願い致します。


175.jpg



応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村




[ 2016/10/19 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #16『ボランティアスタッフ 田地さん』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


161.jpg


第16回目の『メッセージリレー』は、ボランティアスタッフとしてLYSTAを支える田地さんです。

Q. まずLYSTAに参加したしようと思った理由を教えて下さい。

田地:私は2011年現地でレスキューのお手伝いをしていましたが、
冬を目前に諸事情により現地入りできなくなりました。
あの当時の現地をご存知の方は皆同じ気持ちだと思うのですが、
行けなくなる事への罪悪感や焦燥感は言い表せないほどのものでした。

離れていても何かできることが無いかと模索していたところ、
福島在住の知人から現地で何か出来ることはないかと相談がありました。
そこで、知人には避難所でペットを探している飼い主さんの情報を集めてもらい、
私はその犬猫を探すということを始めました。
その頃、多くの犬猫が保護された情報はありましたが、
飼っていた犬猫を探している飼い主さんの情報は非常に少なかったのです。
その活動をしている中、2012年春に被災者の方から現地での困り事の相談を受けました。

私はその困り事を解決する為、現地に入っていた団体やボランティアさんに片っ端から連絡を取りましたが、
なかなか当事者がわからず困っていました。


162.jpg


ある日、LYSTA代表から現地に行って粗方の事は解決してきましたとの一報を頂きました。
確かにLYSTAにも電話はしました。
でも、まさか・・・
お願いしたわけでもないのにそんな大変なことを自発的にしてくださる方が居るなんて思っても無かったのです。

その時のご恩は一生忘れません。
相談者さんも、知人も、私も本当に助かりました。
そしてその地域に居る動物たちも助かったのです。

動物愛護の活動は、つい動物最優先になり人間関係が希薄になることがあります。
でも、人間社会の中で活動するには人間関係を円滑にすることがとても大切です。

動物に興味の無い方からも理解と協力を頂かないとどうにもならないこともあります。
代表はその辺りも十分考慮して活動されています。
その考え方、人柄に惹かれてLYSTAの応援を続けています。


163.jpg


Q. LYSTAではどんなことを担当してますか?

田地:遠方の為、LYSTAに出向けず離れていても出来ることをお手伝いしています。
書類作成、PC作業などを担当しています。
先日は初めて仔猫の預かり、里親募集もさせて頂きました。

Q. LYSTAの良いところは、どこでしょうか?

田地:ダイゴさんも仰っていましたが(メッセージリレー#2)、『人と犬猫との共生』への想いでしょうか。
人だけ幸せでもだめ、犬猫だけが良くてもだめ。 一緒に幸せになることへの妥協の無さだと思います。
様々なシーンにその一貫した思いが溢れていて、
里親さんへの思いであったり、シェルターへの思いであったり、
ぶれない姿勢にこちらも背筋が伸びる思いです。


164.jpg


Q. 最後にohanaにかける思いを教えてください。

田地:保護猫カフェや野良猫用の病院、保護活動をしている人なら必ず言ったことがあると思います。
宝くじ当たったらやりたいな~
でも、実際宝くじを買おうと思うとそのお金でフードが買えるとか皮下点滴できると思うとくじすら買うことが出来ず・・・(笑)

でも世の中には宝くじに当たったら・・・なんて言わずに行動を起こして実現してしまう人が少数ですが居ます。
Ohanaはそんな少数の中の一人が実現しようとしているのです。
これを応援しないわけにはいきません。

震災当初、現地入りした多くの人が口々に現地の飼い主さんの意識が低いと言っていました。
確かに犬は外飼い、放し飼いが多く、しかも未去勢でフィラリア予防もしていない。
猫は多頭飼育で名前すらついていなくて。


165.jpg


でも、一昔前は私の地元でも似たようなものでした。
だからといって犬猫に愛情が無いわけではなく家族の一員として可愛がられていました。
でも私の地元にあった獣医さんは家畜専門で犬猫を病院に連れて行くことなど殆ど無かったです。

時代が変わり、近所の獣医はペット専門になり、
犬の死亡原因の1位はフィラリアではなくなり、放し飼いの犬は居なくなりました。
それでもまだ猫の完全室内飼いは周知徹底されていません。

ペットへの意識は学習しないと変わりません。
知らない、わからないことは変えようが無いのです。
しかし、だからといってそれで良い訳ではありません。
行政や獣医師会の啓蒙で少しずつ根付いてきた常識が、昨今のSNSの発展で加速がついたと思います。

しかし年配の方が多い地域には情報が伝わりにくいと感じています。
Ohanaには地元への情報発信、啓蒙活動の拠点になってほしいと思っています。
実際、こつこつと重ねてきたTNRが徐々に認知され根付こうとしています。

アクションを起こせば風は吹く。
人と犬猫の幸せのためにOhanaは存在してほしいと思います。
皆様の応援を必要としております。 心よりお願い申し上げます。





応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



[ 2016/10/14 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #15『多頭猫現場 K様』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!


151.jpg


第15回目の『メッセージリレー』は、ご自宅の庭が多頭猫現場になってしまったK様です。

子猫が20匹以上生まれてしまったあとに避妊去勢手術を決断され、lystaに相談がきました。
捕獲の手伝いをし、成猫全頭の手術が完了し、子猫は全頭保護になった現場です。


152.jpg


Q. いつ頃から猫が居着いてましたか?

K :3~4年前に引っ越してきたときからです。

Q. 現在何匹の猫がいますか?

K :7匹くらいです。

Q. 子猫が生まれてしまったときの気持ちと、今春は何匹くらいの子猫が生まれましたか?

K :かわいそうだからただ餌をあげるという安易な考え方が間違っていた。
この子たちをこれからどうしていこうか・・・。
今春は20匹以上の子猫が生まれて猫の繁殖力を思い知らされました。


153.jpg


Q. 20匹以上の子猫が生まれて、さらに多頭現場になってしまいどんな気持ちになりましたか?

K :少ない頭数のうちに手術をさせてあげればよかった。
本当に後悔・・後悔・・の日々でした。
精神的にも追い詰められていました。
とにかくこのまま増え続けて、せっかく生まれてきた命を無駄にしたくない、
なんとしてもこの負の連鎖を止めなければいけないと思いました。


154.jpg


Q. どんな経緯でリスタに手術の手伝いのSOSをだしましたか?

K :以前にボランティアをさせていただいたことがあり、リスタさんのことは知っていましたが、
手術の手伝いをしていただけることは子猫が生まれてからブログを見て初めて知りました。
直ぐに代表の鈴木さんに連絡をとりました。
早急に対応していただき本当に助かりました。

Q. 全頭手術が完了した後の気持ちの変化はどうでしたか?

K :今は本当に手術をしていただいてよかった。
いつも心のどこかに手術をさせてあげなければという気持ちがあり、
焦りと不安でいっぱいだったので・・・。
繁殖を止めることができたほかに、避妊手術をしないがために起こるママ猫たちの身体の負担もなくなり、
今いる7匹には少しでも長生きしてもらいたい。

リスタの皆さんには本当に感謝しています。

Q. 生まれた20匹以上の子猫はその後どうされましたか?

K :リスタさんと、またリスタさんと一緒に保護活動をされているボランティアの方に引き取っていただき
里親さんを探していただきました。
また、私自身も知人や母を頼り、何匹かは引き取ってもらいました。


155.jpg


Q. 最後に、里親募集型保護猫サロン「Ohana」と野良猫手術室新設への思いやメッセージをお願いします。

K :この施設が完成すれば、更に多くの人にTNRの大切さを知っていただけると思います。
私のような人が増えないように、
皆さんが野良猫の避妊手術に踏み出す手助けをこの施設は担ってくれると思います。

私も微力ながら、助けていただいた恩返しを少しずつできるよう、これからも応援しております。




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



[ 2016/10/14 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)

メッセージリレー #14『LYSTA代表 鈴木理絵 3』

【命のハナ咲カプロジェクト!】
福島に里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」と
飼い主のいない野良猫の不妊去勢手術室を作りたい!

LYSTAはクラウドファンディングREADYFORに挑戦中です!
応援、宜しくお願いします!



141.jpg


第14回目の『メッセージリレー』は、LYSTA代表・鈴木理絵さんの第3弾です。


代表の鈴木です。
ハナ咲カプロジェクト、応援してくださっている皆様ありがとうございます。

さて、前回は保健所から引き出した小雪ちゃんのことをお話しました。
今日は震災のときのお話です。

2011年3月11日14時46分
マグニチュード9.0という巨大地震が発生しました。


142.jpg


当時、私は特急列車の車内販売の仕事をしており、仕事にでる直前でまだ自宅におりました。
家の中のあらゆる物が散乱し、ピアノまでもが倒れ部屋が塞がれました。

私の自宅は海から300mほどです。
スマトラ沖地震の光景が脳裏に浮かび、大切な家族であるわんこを連れてここから逃げなければと思いました。


143.jpg


体中が震え、なかなかわんこをキャリーにいれることができません。
今思えば、みんなのぶんのキャリーがあって良かったな、と思います。

私たち家族は避難所の駐車場で一夜を明かし、膝の震えは翌日まで続いていました。

福島第一原発事故の水素爆発をみたときは、ただただ静かに涙がこぼれました。
感情は「無」でした。

地震がおきたとき、水素爆発した映像をみたとき、津波と火事の映像、私は一生忘れることはないでしょう。


144.jpg


自宅はライフラインが完全にストップし、わんこ連れでの避難生活、
避難所には入れるわけがないと鼻から諦めていました。
避難先を点々とし、最終的には親戚を頼り県外に避難していました。

福島第一原発の周辺に犬猫がとりのこされていることをニュースやSNSでみていました。
私には守るべき、人間の家族とわんこの家族がいます。
それまで保護犬活動をしていた自分でも「被災者は被災ペットを救えない」と思い絶望していました。

約2か月の避難生活から自宅に戻ったとき、翌日から人間のボランティアに行きました。
支援物資の仕分け作業です。


145.jpg


それが落ち着き、ここに私はもう必要ないな、と感じ、そこでようやく動物のボランティアに行ける状況になりました。

当時福島県内にできた仮設のペット保護シェルターに手伝いに行くようになりましたが、
そのうちに仕事場である常磐線が復旧します。

仕事の休み希望をめいっぱいだしながらわんこのボランティアに通うようになりましたが、
通っていた仮設保護シェルターが2011年の夏には撤退されることになりました。

しかし、警戒区域にはまだたくさんの犬猫がとりのこされています。

どうして自分は震災で生き残ることができたのか、自分の役割は何なのか、考えました。


146.jpg


警戒区域までは自宅から20kmほどです。
こんなに近くに居るのに、20km先には飢えた動物たちがとりのこされているのです。

車内販売の仕事が好きでした。

放射能が高い場所に行くな、と言ってくれている彼がいました。

悩んで悩んで悩んで、この時が私の人生の分かれ道になります。

被災ペットの保護シェルターにしてしまったら、毎日お世話で休みはありません。

最初は貯金を崩すにしても、物資や資金はどうしていくのか、途中で投げ出さないでできるのか。

不安、責任、助けたい気持ち、一生分悩んだと言っても過言ではありません。

好きだった自分の居場所を捨てて、とりのこされた子たちを少しでも助ける、

自分が生かされた役割はこれなんだ、と

最終的に決意しました。


震災から半年後の2011年9月11日、私はLYSTAとして活動を始めます。


次回は旧警戒区域(帰還困難区域)内でのレスキュー活動のお話です。

>>> 第4弾に続く...




応援はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/iwaki-cat

RF.png




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


[ 2016/10/12 ] 福島レスキュー | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。